職務に見合う給料

 看護師の仕事をしている方は、基本的に給料が高いと思っている方は少なくないでしょう。看護師の世界とは、時には人の命に関わる場合が多々あるため、緊張感を持って患者の執刀に当たっている人々の苦悩を肌身に感じる人がいると思うのです。しかし、看護師として働く方の中には、「人手不足で忙しいし、人の命がかかっている仕事をしているんだから、もう少し高い給料を貰いたい」という気持ちを持たれている方もいるでしょう。
 一方で、患者の腫瘍などを取り除く手術をしている医師で、「人の命に関わることだからその分給料が高いけれど、医療ミスをしてしまった日には目も当てられないくらいの精神的ショックを抱えることになるから、一挙手一投足抜かりなく執刀をしていくことを心がけなければいけない。患者の未来を守るのは自分の手にかかっているんだから」という医師としての自覚を携えていき、手術を通して患者に最善を尽くすことに努めていくのです。
 看護師としてのプライドが高いほどに、患者の健康を取り戻してみせるという想いを執刀する手に込めていき、自分は何のために看護師としてここに居るのかということを確認するかのようにして、看護の職務を果たしていこうとしていくのです。
 医療の現場に居るだけで楽に給料を得ている方がいたら、周りの人は一体どのような反応を見せるのでしょうか。人の命を預かる現場なのでそのような方がいるとしたら、周りや世間から批判を受けても致し方ないことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です